ボシュロムメダリスト66トーリックを使ってみて感じたこと

ボシュロムメダリスト66トーリックを使ってみて感じたこと

ボシュロムのメダリスト66トーリックは、よく眼科で名前を聞いていました。
乱視用のレンズとしては、かなり人気が高いということ。それに興味を持っていて、なおかつそれなりに乱視も強かったので、ある定期検査の日に思い切ってつけてみることにしました。

付ける前に、乱視用は装着の向きがあるということを知りました。
その向きがあっていなかったら、すごく頭がいたくなったりすることがあるのだとか。

その向きの確認はこれまでにない作業だったので手間取りましたが、実際に装着してみると視界が思った以上にクリアになってびっくりしました。

乱視用レンズというのが、これほど普通のレンズとは違うものなのかと驚きました。



レンズ自体は普通のソフトレンズよりもひとまわりくらい大きくて、なんだか厚みもあります。
そのために少し慣れるまでには時間がかかりましたが、10分もすれば目に馴染んできたのか違和感もなくなっていきました。

ちなみに、見え方もその間はしばらくふわふわしていたので、レンズの馴染みも見え方に影響するのかもしれません。

馴染んでしまえば、もう気になることはありませんね。乾燥感、汚れともに、普通のレンズよりはある印象ですが、このあたりは正しい使い方をしていれば問題ない部分。

なにより、クリアにモノが見えるということには感動します。
信号機など、夜になってくるとぼやけていたところが、目を細めなくてもはっきりしているというのは、交通安全の面でも効果は大きいですね。


口コミ ボシュロムメダリスト66トーリック


弱点があるとすれば、やはりその値段。普通のレンズよりもだいぶ高いです。

ただ、乱視用のレンズの中では、この66トーリックは安い方らしいので、その意味では手を出しやすい乱視用レンズかもしれません。

普段、乱視で困っているという方は、これを使ってみれば解決するかも。
コスト面や使い心地に個人差はあると思いますが、一度眼科で試してみると、その違いを実感できるはずなので、ぜひ一度挑戦してみてください。

ボシュロムメダリスト66トーリックを見る



【コンタクトレンズ一覧】
一流メーカーの国内正規品コンタクトレンズ

製造メーカー

ジョンソン・エンド・ジョンソン

アルコン

シード

メニコン

オプティカル

ボシュロム

チバビジョン




【カラーコンタクトレンズ一覧】
厚生労働省で認可されている安全性のあるカラコンです。

製造メーカー

シンシア

アイリス

アイレ

イノバビジョン

ジョンソン・エンド・ジョンソン

チバビジョン

シード