サンドイッチ製法とはどんなカラコン?

サンドイッチ製法とはどんなカラコン?

サンドイッチ製法とは名前の通り、サンドイッチしたレンズになっています。何をサンドイッチしているのかというと着色料。

カラコンはレンズ自体に着色しているものと、レンズの内側に着色料を挟んで製造しているタイプのものがあります。

付け心地は若干、サンドイッチ製法の方が劣ると言われていますが、目に着色料を浸透させてしまう心配がないので安全面を考えるとサンドイッチ製法のコンタクトレンズを選択したいところ。



実際に目にトラブルがあると言われるのはサンドイッチ製法ではなく、レンズ自体に着色するキャストモールド製法と言われています。

でも実際にサイトで、そのような製造方法までは書かれていない通販サイトがけっこうあるんです。

デザイン的なアピールは非常に書いてあるのに、肝心の製造方法が書かれていないなんていうケースもけっこうあります。


コンタクトレンズ サンドイッチ製法

やはり購入するなら、このような記載がないとちょっと心配です。一つ一つの商品に説明書きがあるのがフリュー。

ほとんどの商品に製造工程が書かれていて、しかも韓国や台湾製ではなく日本の会社が作っているというのも安心感を生んでいるといえるでしょう。



【コンタクトレンズ一覧】
一流メーカーの国内正規品コンタクトレンズ

製造メーカー

ジョンソン・エンド・ジョンソン

アルコン

シード

メニコン

オプティカル

ボシュロム

チバビジョン




【カラーコンタクトレンズ一覧】
厚生労働省で認可されている安全性のあるカラコンです。

製造メーカー

シンシア

アイリス

アイレ

イノバビジョン

ジョンソン・エンド・ジョンソン

チバビジョン

シード