キャストモールド製法のカラコンは危ない?

キャストモールド製法のカラコンは危ない?

初めてカラコンを使用する人にとっては、目のトラブルが起こらないかというのが心配でしょう。
特にカラコンというのは、何故か韓国製や中国製、そして台湾製のものが非常に多いという現実があります。

先に文化的にカラコンを取り入れていたのは、韓国などの海外という経緯もありますが、何よりも海外製品の方が安いというのが日本でも数多く海外製のカラコンが出回っているという大きな理由になります。

でも海外製品のものはやっぱり心配です。
なかでも心配なのがキャストモールド製法と呼ばれる方法で作っているカラコン。カラコンの製造方法には2種類があってサンドイッチ製法とキャストモールド製法の2つがあります。

サンドイッチ製法は着色された部分がレンズの内側に入っているため、目に直接、着色料が当たるという危険性が一切ないということ。

安心できる製法ですが、その分レンズを二枚重ねているため、やや厚みがあって、付け心地はキャストモールド製法に比べれば劣ります。

とはいえ初めからサンドイッチ製法で作られたカラコンを選んでしまえば、「こんなものなのかな」と思うのでそんなに違和感を覚えることはないでしょう。


コンタクトレンズ サンドイッチ製法

一方、キャストモールド製法は一つのレンズに着色してから作成されているため、レンズは非常に薄くつけ心地は抜群!酸素透過性もあって、目に潤いを与えてくれる付け心地の良いカラコンとなっています。

しかし唯一難点と言えるのが不良品の場合、着色料が擦れて目に入ってしまう可能性があるということ。

そんなに頻繁に不良品があるわけではないので、そこまで気にする必要はないと言えそうですが、実際は海外製品を購入して、レンズをちょっとでも擦ると着色部分が剥げてしまったという事例もあるので、海外製品を購入の場合は、サンドイッチ製法で作られたカラコンの方が良いでしょう。



とにかく安全面でこだわるなら、やはり日本の製造会社が作っているカラコンがおすすめ!
フリューで取り扱っているカラコンは日本の製造会社が作っているものなので信頼度が高いけど、他の通販サイトは、イマイチ信用できるところが見つからない・・・。



【コンタクトレンズ一覧】
一流メーカーの国内正規品コンタクトレンズ

製造メーカー

ジョンソン・エンド・ジョンソン

アルコン

シード

メニコン

オプティカル

ボシュロム

チバビジョン




【カラーコンタクトレンズ一覧】
厚生労働省で認可されている安全性のあるカラコンです。

製造メーカー

シンシア

アイリス

アイレ

イノバビジョン

ジョンソン・エンド・ジョンソン

チバビジョン

シード