カラコン初体験だと目が痛い!?目が痛くならずに済む方法とは?

カラコンの購入は危険

カラコン初体験の人が装着して目が痛いというケースがよくあります。
カラコンのサイズが合わない、カラコンの素材が目に合わない、装着の仕方が失敗しているなどのケースが考えられます。

しかし、信頼できるカラコンでサイズの選択され間違わなければ普通は痛みを発するケースはほとんどありません。

そもそもカラコンを購入する時に事前に眼科に行って、目のサイズを測っていますでしょうか。カラコンはネットや通販サイト、あるいはドラッグストアなどで気軽に購入することができます。

しかしいきなり購入して自分にぴったりなサイズのカラコンを装着するというのは難しい話です。


コンタクトレンズ安全

カラコンにはいろいろなサイズが存在します。
例えば洋服みたいに、SとかMとかLとかそんな簡単な話ではないのです。

レンズの直径サイズを知るためには、DIAと呼ばれるレンズの直径サイズが目に合ったものを選ぶ必要があります。

また、ベースカーブと呼ばれるレンズの曲線部分を示した数字も自分の目にフィットするかどうかで大切な基準となります。
そしてカラコンの場合は黒目部分の大きさを知ることで着色直径の選び方も変わってきます。

また視力が悪い方は度数を調べるのに必要なPWRという数値を事前に知っておく必要があります。

このような検査は眼科に行かないとわかりません。
一番良いのがコンタクトレンズ屋さんに併設されている眼科です。



眼科単体で存在する病院よりも、コンタクトレンズ屋さんに併設されている眼科の方が、そういったお客さんがたくさん来ていて、スムーズに対処してくれます。

まずはネットで購入する前に、そういったところで自分の目の数値を理解しておきましょう。
そして把握した上でネットで購入すると、手間もかけず、スムーズに自分の望んでいるカラコンを見つけることができます。



【コンタクトレンズ一覧】
一流メーカーの国内正規品コンタクトレンズ

製造メーカー

ジョンソン・エンド・ジョンソン

アルコン

シード

メニコン

オプティカル

ボシュロム

チバビジョン




【カラーコンタクトレンズ一覧】
厚生労働省で認可されている安全性のあるカラコンです。

製造メーカー

シンシア

アイリス

アイレ

イノバビジョン

ジョンソン・エンド・ジョンソン

チバビジョン

シード